高血圧サプリの副作用

高血圧改善サプリに副作用があるのか?と不安になっている人も少なくないようですが、ご安心下さい。答えは「No」です。

サプリメントは薬ではありませんので直接的な副作用はありません。しかし、当然のことながら間違ったものを選んだり、間違った用法で摂取しても思うような効果は得られません。では、どのような点に気を付けてサプリメントを摂取すればいいのでしょうか。

サプリの過剰摂取は摂取はNG!

薬とサプリメントを混同しがちな人がいますが、サプリメントは食品の一種です。このことは、高血圧の場合に限らず、サプリメントを利用する際に留意しておきたい点です。医薬品とは違って治療目的で服用するものではありませんので、そのつもりで摂取するようにして下さい。

また反対に、「栄養補助食品は医薬品とは違うから好きに飲んでも構わない」という解釈をすることも危険です。確かに栄養補助食品として販売されているサプリメントですが、選択や用法を間違えた時などの健康への影響は、思ったよりも大きくなる場合があります。

例えば高血圧の原因になっている塩分。この塩分はナトリウムイオンですが、これを体外に出す働きを持つサプリメントがあります。そして、その中身はカリウム、カルシウムといったミネラル成分が主になっているのですが、腎機能が低下している人がカリウムをたくさん摂取してしまうと非常に危険です。また、カルシウムサプリメントの過剰摂取は、腎結石につながりますから十分注意して下さい。

サプリメントは、正しい使い方で摂取しなければ血圧の正常化効果がうまく機能しないだけでなく、体にとって思わぬ負担にもなりかねないので、使用上の注意はきちんと守るようにしましょう。

また、高血圧を改善する方法はいくつかあります。高血圧の体質改善が目的なら、サプリメント摂取のほかに生活リズムの改善や、運動も合わせて考えてみましょう。

特に栄養成分を摂取することで血圧を安定させる方法以外にも、健康的な生活習慣などを通して改善されることもあります。高血圧サプリメントを利用する時は、生活習慣や運動面など、その他の改善策とも組み合わせる工夫も行うといいでしょう。